カンコンキンシアター2018

夏のお楽しみ、関根勤のカンコンキンシアターを観に。

昼公演なので、その前にランチ。
混んでいる新大久保でNAっちと待ち合わせていたところ、NAっちから
「『ベトナムちゃん』が1組しか並んでないけど!」というラインが!
ということで、3,4日前にベトナム旅行から帰ってきたNAっちと、
『ベトナムちゃん』でランチ(笑)。
前から行ってみたかった、ベトナム料理の名店です。

チキンサラダ、生春巻き、揚げ春巻き。
e0209538_18342727.jpg
パリパリの豚バラ入りバインセオ、牛肉と空心菜炒め、鶏肉のフォー。
e0209538_18342803.jpg
ほんとに何を食べても美味しかったわ~。
特に揚げ春巻きが好みだった!

さて。カンコンキンシアター。
「ザ・ラストメッセーッジ!」とサブタイトルがついていたので、
最後か!と思ったら、「海猿」をパクっただけで、
そう思って見に来る人がいると思って、つけたそう(笑)。

今回も、おもしろかった。3時間30分。
「いろんなとこ、削ったけど、40分もオーバーしました。」って関根さん。
以前は4時間20分て時もあったな…。
今年の旬ネタは、やっぱりZOZO TOWNですかね(笑)。
それから、読み返せば、2016年も言っていた「安藤優子」ネタも(笑)。

そして、観に行き始めた頃には全然売れてなかったずんの飯尾君や
イワイガワのジョニ夫も人気出たねー。
2015、2016年と2年続けて、近くのコンビニに
もはやベテラン売れっ子芸人のウドちゃんがみんなの分のジュースを買いに、
パシリとして来ていましたが、今年は会えず。

清水ミチコさん&野沢直子さんが観に来てた!
ロビーですれ違ったけど、オーラを消してるので、
周りから全然気づかれず。
清水ミチコさんのブログによると、
「隣に明石家さんまさんが。」と書いてあった!
それには気づかなかったわ~。
そして、オジンオズボーンの篠宮さん(大好き)のTwitterにも
観に行った!と書いてあった。気づきたかったわ~。

今年も、何も考えず、ただただ、笑いましたー。


[PR]
# by magunosuke | 2018-08-15 23:35 | 遊ぶ | Comments(0)

山形へ。

2日目は山形へ。初山形。
夫は山形なんて、近い!というのですが、そんな馬鹿な…(笑)。

山形市は道が広くて何車線もあって、きれいに整備された大都市なんですねー。
これ↓が県庁として使われていたという建物、文翔館。
立派!!明治の建物の隅々まで見学できます。すごいわ~。
e0209538_11005754.jpg
この中の部屋や、中庭(↓ココ)で、「るろうに剣心」の撮影が行われたとか。
e0209538_11005829.jpg
山形交通の高畠線の旧停車場も見てきました。
この建物遺産、素晴らしいんだけど、そこにそのままあるだけで
中に入れたりするわけでないので、なんだかもったいない…。
e0209538_11013474.jpg

夜は、「王様の焼肉くろぬま」へ。老舗店ではなく、電通のクリエイターさんだった方が
開いたお店です。(メニューに自己紹介が書いてあった…)
が、新規参入にはそれなりの売りがないと、
こんなに流行らないと思うのです。ここも早めの時間しか予約取れず。
霜降り過ぎないお肉が美味しい!特にハラミが!!!
e0209538_11023721.jpg
帰りは喜多方に寄ったけど、タッチの差で、坂内食堂はクローズに…。
残念!
でも、美味しいものを食べ過ぎて蓄積しちゃった二泊三日でした。


[PR]
# by magunosuke | 2018-08-15 08:47 | 遊ぶ | Comments(0)

福島あぶくま洞

福島のいわき~山形への旅。
いつものことながら、直前にホテルを取ったり、
行先も決めたりする、行き当たりばったりな感じ。

お盆休みの初日の土曜日出発なんて、どうなるのか!と思ったけど、
こんな時期でもほぼ渋滞にはまらず。
5㎞渋滞してるとわかったら、夫、高速下りて、下道行くし…。

今回も、いわきに行く予定が、途中で高速が事故通行止めになっていたので、
途中で下りて、道すがら、観光スポットがあれば立ち寄り、進む。
茨城の五浦六角堂などを見て、いわきへ。

それから、いったんいわきから離れ、小学生の頃修学旅行で行ったあぶくま洞へ。
暑い夏には、30~40分の鍾乳洞探検は最適でした。懐かしい!!
鍾乳石のキーホルダーとか買った記憶が…!
e0209538_11001279.jpg

昼は検索してたどり着いた、小名浜のチーナン食堂 で、
ラーメンとチャーハンなど。いい雰囲気のお店~。
なぜか、九州ラーメンみたいなストレート麺に、
佐野ラーメンや喜多方ラーメンのようなやさしい透き通ったスープ。
静かな小名浜で、ここだけ数人の行列が常にあるのも納得。
e0209538_11001386.jpg
車の旅では、地元の人が入るような公衆温泉に入りたがる夫なので、
フットワーク軽く、風呂に入れる温泉セットを常備している。
家を出るときに、そのバッグをひょいっと掴んでいけば、すぐに
どこの風呂でも入れます!!
今回は、いわきの「さはこの湯」というところへ。
そして、こういう地元の人が行く温泉は、
安くて質の良い(濃い!)温泉が多いのです。ここも然り。

夜は、予約してから行った「すし田村」。
常連客で満席の店。

つまみにカツオのたたきやまぐろの赤身、
銀鱈の西京焼きなど。美味しすぎ。
お寿司は欲張って特選を2人前頼んでしまったため、
好きなものを最後に食べるタイプなので、
最後、中トロを夫に食べてもらう羽目になったのが、無念すぎる…。
e0209538_11001328.jpg
e0209538_11001313.jpg
いいお寿司やさんだったなぁ~。再訪したいお寿司屋さん。

続く。

[PR]
# by magunosuke | 2018-08-15 08:46 | 遊ぶ | Comments(0)

「カメラを止めるな!」

話題の映画を見てきました。
「カメラを止めるな!」
e0209538_14413468.jpg
池袋では、連日深夜まで行列だとか。
埼玉では、まだ2館しかやっていなくて、
しかも、近くでは古めのイオン大宮のみ。
ネットで座席予約できるから、都内で見るよりだいぶ楽!

いやぁ~、おもしろかった。
ゾンビ映画制作チームが、37分間長回しでカットせずに撮る、
というのと、二度始まるので、途中で席を立たないで!というのだけ
宣伝で知っていたので、情報はそれのみ。
映画学校で作られた作品で、クラウドファンディングで資金を集め、
300万円で作った、という制作秘話も。
それが、現在のところ、全国16館でしか上映されてないのに、
興行成績ベスト10に入っているなんて!
しかも、大宮ではミッションインポッシブルより
大きなシアターがほぼ満席になっていたぞ!
制作費は何十分の一、いや、何百分の一?痛快だぞ!
と、そんな話ばかり書いていて、
肝心の内容については触れられないが、
とにかく、最後は作りてさんたちに拍手!
ちょっと泣きそうになったもんね。
このあと、だいぶ上映予定シアターが増えたので、
思っていたより面白くなかった、という人も
たくさん出てくるだろうが、
この盛り上がりが急激に波及している初動で
見るのがいいよね!
製作スタッフさんと役者さん達、お疲れ様でした!

[PR]
# by magunosuke | 2018-08-06 23:41 | 遊ぶ | Comments(0)

那須塩原

早起き(6時半出)、日帰りで那須塩原へ。
お盆休み前だからか、下道も空いてた。

森林の駅の吊り橋を見たり(渡らない)、

e0209538_14403051.jpg

竜化の滝で涼んだり。
那須塩原も避暑、っていうほど涼しくはなかったけど、
滝の近くはやっぱり涼しかった~!

クマ出没、って言われても、逃げようがないな…↓
e0209538_14403025.jpg

これが竜化の滝です↓。
竜が天に昇っていくような姿だということで、竜化の滝。
e0209538_14403128.jpg
那須塩原は、温泉街も古くて、
日帰り温泉に入ってみたけど、濃ゆい~~~!効きそう。
川沿いの温泉なので、蜂とかブヨが飛んでたので、
タオルを振りながら露天に入っていたけど、
気を抜いた瞬間に、さされた…。痛いよう。

ここの名物と言えば、スープ焼きそば。
行列の人気店、「釜彦」で。
想像していた味より、ずっと美味しかった!!
ベースの鶏ガラスープがしっかりしているので、
ソースを薄めた味、って感じになってない。
e0209538_14411427.jpg
もひとつ、ソースかつ丼。すっぱめのソースが美味しい。
お店の方もとっても感じが良かったです。そこ大事(笑)。
e0209538_14411466.jpg
旧青木家別邸。
ドイツ公使などを務めた青木周蔵の別邸。
素敵~~~。住みたい。
e0209538_14411401.jpg
別邸入口がまたスゴイ。↓

e0209538_14411595.jpg
この脇の芝生で、親子がバドミントンをしてるなんて、
いい遊び場だ…。うらやましい。
この隣にある道の駅「明治の森、黒磯」の
「青木の森カフェ」では、ミルクジェラートに
夏にできるいちご「なつおとめ」の生を
その場でカットして練りこんでくれる。贅沢~。美味しい。

結構な移動距離だけど、18時には帰宅しました。
せっかち(笑)!

[PR]
# by magunosuke | 2018-08-05 23:39 | 遊ぶ | Comments(0)